ED治療は海外の薬が効く!?

ED治療薬は海外の薬が効くのか考えている人の画像

ED治療を再スタートしました。以前は1年ほどED治療のため通院しておりました。しかし治療費の割に一向によくならないので、諦めて中断しました。今回挑戦するのは海外の薬を使ったED治療!

ED治療に海外の薬が効くのはなぜ?

EDの治療法をご提案します
▲様々あるED治療の方法でお悩みの方は上記サイトをご覧ください

ED治療のために使用されている薬の大半は海外で製造販売されているものです。

例えばバイアグラは米国のファイザー社が、レビトラはドイツのバイエル社が製造販売しているものであり、最近人気を集めているシアリスは日本イーライリリー社の販売であるもののその創業は米国です。

よって現在実用化されているED治療薬は基本的に海外で生まれたものだと言えるのですが、この背景には薬の研究開発へ投入できるコストや薬に関係する法律が関係しています。

日本国内でも世界的に活躍する製薬会社はありますし、その製薬会社も研究にはかなりのコストをかけています。

しかし世界的に見ると先に挙げた三社の規模は極めて大きく、そもそもの資本力に差があるためにコストをかけるにしても差が出てきてしまうのです。

加えて日本の法律において、薬を販売するには国が定める試験をクリアして認可を得なくてはなりません。

もちろん海外でも無認可で薬を販売することはできないのですが、日本の薬の認可は世界的に見ても遅いとされています。

そのため膨大な研究開発費をかけてED治療薬を製造したとしてもその薬が利益をもたらすのは完成してから数年先になってしまうのです。

現在では既に特長の異なる三種類のED治療薬がED治療の最前線で活躍していることを見ると、日本国内の製薬会社がED治療薬の開発に成功したところでシェアの奪い合いになるのは明らかです。

言ってしまえば市場的にはあまり美味しくないところになってしまっているわけですから、海外の薬がED治療の分野においては主力とされているわけです。

ただ今後の製薬業界の変化によっては日本が作ったED治療薬が活躍する可能性もありますから、もし完全に国産の薬を使いたいということであれば未来に期待するべきでしょう。

海外のED治療薬は海外に行かないと手に入らない?

ED治療薬は基本的に海外で製造されているものが多いです。

一応シアリスは日本イーライリリー株式会社が製造販売しているために日本の薬であるとも考えられるのですが、それにしたところで本社が海外にあることを踏まえると完全に日本の薬とは言い難いでしょう。

また海外では日本国内でまだ販売の許可が下りていないジェネリック薬のカマグラゴールドやタダリスSXは勃起力を高めると人気があります。それによって日本国内で治療を受けるよりも安くED治療薬を手に入れられることもあります。

さて、ではこういった海外と同じようなED治療薬を手に入れる方法は無いのかというと、一つだけ方法はあります。

それが個人輸入という方法で、ざっくりと言ってしまえば薬を海外の業者から直接購入する方法です。

日本国内で薬が処方される場合には病院で処方箋をもらったうえで調剤薬局に行かなくてはならないのですが、個人輸入は手に入れた薬を個人で消費することを条件として認められています。

現在だとインターネットを中心に個人輸入の取引を仲介してくれる業者も出てきていますから、そうした業者を使えば英語などがわからなくとも医薬品を販売している現地法人と取引することが可能になるでしょう。

しかし少々注意しなくてはならないのが、個人輸入によって取引される薬の中には偽物もかなり混じっているということです。

特にED治療薬は直接病院に行きづらいEDという症状を緩和するものであるために個人輸入の人気が高く、そこに目を付けた悪質業者が粗悪な偽物を販売しているということが多いのです。

よってED治療薬は個人輸入でも買えるものの、そこにはリスクがあるということをしっかり理解して業者が信用できるかどうか判断したうえで購入するようにしてください。

ED治療で保険の効く国は存在するか

日本においてED治療は保険の適用対象外とされているため、治療を受ける際には治療費を自己負担で支払わなくてはなりません。

ただ海外では同様の制度が運用されているわけではなく、事実としてED治療が保険適用になる国もあります。

具体的には一部の州を除くアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、アイルランド、フィンランド、オーストリア、ポーランド、スウェーデンの9ヶ国で、このうちスウェーデンに関しては無条件でED治療に対しては保険適用対象として扱われています。

スウェーデン以外の国では保険適用になるにしても条件があり、例えばアメリカの場合は26州で錠剤数の条件が、5州で年齢による制限がかかっています。

この他アイルランドでは錠剤数による制限、フィンランドでは指定された疾患を持つ人のみが対象とされており、オーストラリア、ポーランド、カナダは退役軍人のみがED治療を保険適用で行われるといった形になっています。

この「退役軍人のみが対象」というのは、議論こそあるものの名目としては国家として軍隊を有さない日本では中々理解しづらい感覚でしょうが、海外において退役軍人が特別な扱いを受けるということは制度としてそこまで珍しいものではありません。

さて、しかしこうしたED治療が保険適用になる国があると言っても、ED治療のために海外に行くというのが現実的かと言われるとまた別問題となります。

そもそも海外でも健康保険は事前に国民として税金を納めていた人が対象になる、自国籍を持つ人のみが対象になるといったような制限がかかっていることが多く、例えば日本人がED治療のためにオーストラリアに行くなどのことをしても保険適用にならないのです。

今後日本国内でED治療が保険適用になる望みは薄いと言わざるを得ませんが、海外ではまた事情が異なるのだというのは一つ覚えておくと良いでしょう。
■ED治療には持続力の優れたこちらの薬を
タダシップでお悩み解決